ロボットの今後について 現場へ介護ロボットを導入する際の課題

細かい対応ができるロボット

介護業界でロボットが使われるようになると、介護スタッフの負担を軽減できる可能性が高い。人の介護というのは、肉体的負担も大きいのだ。その負担を軽減できれば、スタッフの数が少なくても、十分な介護サービスが提供できるようになる。しかし、実際に介護用のロボットが現場で実用的な存在になるには、いくつかの課題をクリアしなければならないだろう。
介護業務に使用するロボットは、人間のようなコミュニケーション能力や判断力を持っていない。そのため、要介護者からの細かい要望に応えることができず、不快感を与えてしまいかねないのだ。人間であれば、介護時に要介護者からの要望を聞いたりできる。あるいは、口に出さなくとも反応を察知し、微妙な加減を行う判断力を持つだろう。人間らしいきめ細かい配慮があるため、要介護者が快適にサービスを受けられるのだ。
介護ロボットが要介護者に対し、人間のように快適な介護サービスを提供できるようになるには、さらなる技術の進歩が求められる。例えば、人間らしく介護サービスが提供できるようにするための改善策として、画像や音声認識・心拍などを測るセンサーを活用するという手段がある。それを活用すれば、要介護者の反応をセンサーがチェックし、自ら判断して力加減を調整するといった対応をロボットが自動的に判断できるようになるのだ。
センサーや人工知能の急激な発達により、これからは人間のようにきめ細かい対応が可能な介護ロボットが登場する可能性もありえるだろう。そうなれば、介護の現場で働く人間の負担は、大幅に軽減される。>>>参考サイト>>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です